新中学1年生の皆さん、入学おめでとうございます!

 

アップステーションに通う新中1生も先週入学式を終え、今週から本格的に中学校生活がスタートしました。

さて、中学校生活の中で今までと大きく変わるところと言えば、そう「部活動」です。

ちょうど今が「仮入部」の最中かと思いますが、実はこの部活動、選び方を誤ってしまうと取り返しのつかないことになってしまうのです。

 

今回は、今のうちに(部活を正式に決める前に)是非知ってもらいたい「部活の選び方」についてご紹介します。

 

とその前に…

 

そもそも部活に入る目的とは何でしょうか?まずはここから考えてみましょう。

 

部活の目的は、ずばり「忍耐力を身に付けるため」だと私は考えます。

将来、どんな仕事に就いたとしても社会に出る以上必要不可欠な力が1つあります。それが「忍耐力」です。そして子どもの時にこの力を養える機会といったら…これはもう勉強と部活ぐらいしかありません。

 

ですから、「部活が大変で勉強ができないよ~」という言い訳はちゃんちゃらおかしい訳です。だって、そんな辛い中でも勉強をやり抜く力を身に付けるために部活は存在するのですから。厳しい言い方に聞こえるかもしれませんが、その部活が原因で勉強が手に負えないというのは本末転倒なのです。

 

まずは部活に入る前にここをよく理解し、勉強ができないのを絶対に部活のせいにしないという約束事を決めておくべきです。その上で…というのが今回のお話です。

 

部活を決める前に考えておくべきこと

①活動時間と量

②顧問の先生の人柄/方針

③合わなかったときの対応

 

①活動時間と量

サッカー部

 

中学校の部活は活動時間が長く、体力的に慣れるまで1~2ヶ月ほどかかることもあります。特に運動部の場合、最初の頃は筋肉痛に襲われ翌朝起きるのもやっとこさ…という状態になるでしょう。とても勉強どころではなくなります。小学校の時は100点を取っていた子が中学生になって急に50点以下になってしまった…という原因の1つは間違いなくここにあります。

部活によっては朝練を行っているところもあるので、自分の体力と相談して「3年間勉強と両立しながら無理なくやり通せるか」をよく考えなければなりません。

 

というのも、途中で退部や転部をしてしまった場合内申にはその「記録」だけが残ってしまうので、どんな理由があるにせよ一度決めたことを最後までやり通せない子と見られてしまうのです。これは高校受験の時大きな足かせとなってしまいます。

「本当に3年間続けられるか」

「辛くても続けられるくらい本当にその競技が好きか」

を仮入部期間ではよく考えるべきです。

 

 

②顧問先生の人柄/方針

卓球部

例えば同じ「卓球部」でもその顧問の先生によって全く中身の違う部活となります。A中学校の卓球部は「ゆるい」のにB中学校の卓球部は「きつい」等々。熱心な先生、ほとんど顔を出さない先生、合宿を組むのが好きな先生、過去全国大会に出場した経験のある先生、全くの初心者である先生…入る部活は選べても、顧問の先生を選ぶ権限は生徒・親御様にはありません。ですから事前どんな人なのかをよく見ておく必要があります。

中には…

 

「中3生は最後の大会が近いんだから北辰テスト(高校受験模試)や漢検・英検は受けなくて良い!大会に専念しなさい!もしテストを優先したら試合に出しません!」

 

…こんな無茶な条件を押し付けてくる先生や、定期テスト前のいわゆる「部活停止期間」であっても大会が近いという理由で通常通り夜7時まで練習…という先生もいました(実話です)

これでは他の部活の生徒より成績が下がってしまうことは明らかですし、不公平です。熱心なのは良いことですが、度が過ぎて勉強に支障をきたすようでは考えものです。

 

一方で、「もし成績が下がったら、下がった分を取り戻すまで練習禁止」という具合に勉強面もちゃんと気遣ってくれる先生もいます。

部活の方針は顧問の先生の裁量に委ねられています。事前の説明会や保護者会等で実際に会っておくことが大切です。

 

 

③合わなかったときの対応策

グラウンド

それでも実際入部して数ヶ月しないと、本当に続けられるかどうかは分からないものです。しかし一旦入部届を出すともう変更はできません。そこで考えておきたいのが、「もし入った部活が合わなかったらどうするか」です。

 

まず絶対に必要なのが「吐き出せる場」です。

 

「活動時間や量がきつい」だけならまだしも、そこに「人間関係がうまくいかない」「先輩からのプレッシャーに耐えられない」等の負担が重なるともはや部活=苦痛の時間となり、「ハァ~部活めんどくさいな…」と言いながら学校に行くのが習慣となってしまいます。

放課後約2時間、土日の練習も含めると週10時間以上は部活の部員たちと過ごすわけですから、せっかくならば楽しく充実した時間にしたい/させてあげたいというのが本音のはずです。

しかしこればかりは入ってみないと分からない…ので、そうなった時にストレス・負担を吐き出せる場・聞いてくれる人がいることが極めて重要です。ストレスや悩みはたとえ解決できなくとも、話すだけで・聞いてくれるだけで随分と楽になります。

 

今多くの中学生たちは、部活によるストレスを抱えています。

「勉強をやらなきゃいけないのは分かってる…でも練習がきつくて体力的・時間的にももういっぱいいっぱい…かといって部活を辞めたら内申に響くし…」

こんなジレンマを抱えながら毎日を過ごしている子が非常に多いです。これでは身に付くものも身に付きません。

そんな時、これを解決できる唯一の方法が「聞いてあげること」だと考えます。そして私たちのような個別指導塾はその役目も担っているのだと思います。

 

集団指導の塾では一人ひとりのストレスや悩みに寄り添うことはできません。しかし個別指導は違います。授業の合間や帰り際、ちょっとしたところで「実は部活でこんなことがあって…」「後輩たちが言うこと聞いてくれなくて…」と気軽に相談したり愚痴をこぼしたりすることができます。もちろん、試合に勝った喜びやうまくいったことを共有することも。塾長と1:1で個別に生徒面談を組むことも可能です。

 

年頃の、反抗期真っ盛りの時期です。だからこそ、学校・家以外の場所で「聞いてくれる人」がいるというのは、中学生たちにとって精神面で大きな支えとなるのではないでしょうか。

 

勉強のことだけでなく部活のことや生活のこと、自分の力だけではどうすればよいのかが分からない時は、お気軽にご相談ください。

少しでも多くの子が後悔のない部活の選択をしてくれることを願います。