中間テスト前に作成したアップステーションオリジナルの「予想問題」が、テスト本番の問題と的中しました!

詳しくはこちらをご覧ください。

また、1学期期末テストに向けての対策授業もただ今お申込受付中です。まだ塾生ではない方も参加できますので奮ってお問合せください!

詳しくはこちらをご覧ください。

 

さて、そろそろ中間テストの個人成績表も返される頃でしょうか。

アップステーションは生徒だけでなく、素晴らしい功績を残した講師の方にもインタビューを行い、どんな指導をしていたのか、何が効果的だったのか等のノウハウを共有しています。

そこで今回は川口元郷校の山崎先生に協力してもらいました!それでは、彼が日々実践している指導法をどうぞご覧ください。

相川塾長(左)と山崎先生(右) 今回のテストでは担当生徒12名のうち8名の生徒が20点以上アップという結果を残す。理系科目のエキスパート

①今回のテストで成績を上げられた一番の要因は何だと思いますか?

2~3週間前にはテスト範囲の指導を全て終え、テスト前は復習型に切り替えられたことです。

 

②普段の授業やコミュニケーションの中で特に心がけていることを3つ挙げてください。

・1回の授業で1度は笑いを起こすこと

・常に笑顔で接すること(叱る時も。その方が逆に効果があります。笑)

・生徒の目を見ること(本当に分かっているかどうかは生徒の目を見れば分かります)

 

③「これは効果がある」というおすすめの指導法を教えてください。

難しい言葉を分かり易い表現に置き換えてあげることです。例えば「分配法則」だと難しいので「ポイポイする」と言うようにしています。生徒のレベルに合わせて使う表現を分けています。

あと、授業の最後に行う確認テストは必ず徹底しています。

 

④逆に「こういう指導はしない方が良い」というものがあれば教えてください。

「この程度の問題、当然分かるよね?」など、生徒が分かっている前提で話を進めてしまうことです。変にプレッシャーを与えてしまうし、それができないからこそ塾に来てくれているので…。

担当生徒と一緒に。2人とも良い笑顔です!

⑤これまでの塾講師経験を通して最も苦労したこと・挫折を感じたことは何ですか?

志望校に合格させてやれなかった受験生がいたことです。

 

⑥それをどうやって乗り越えましたか?または今乗り越えようとしていますか?

自分は数学を主に担当しているので数学で言うと、本番でミスしないようとにかく計算の精度を上げることは徹底しています。そのためには途中式をしっかり書くことが何より大事だと思います。

途中式を書かない子や書いても見づらい子がいますが、それでは教える側もどこで間違えたのかが分からないので、途中式はしっかり書くよういつも口すっぱく言い聞かせています。

 

⑦塾講師として自分が「長けている点」と「足りない点」はどこだと思いますか?

長けている点は生徒一人ひとりに合わせ異なる対応をしていることだと思います。使う言葉やペースなどは生徒の状況に合わせてアレンジしています。

足りない点は、やはり授業中に予期しないこと(思ったより指導に時間がかかってしまった・演習が早く終わってしまった等)がまだ起こることがあるので、授業前の事前準備をもっと徹底したいと思います。

常に生徒の目線に合わせた山崎先生の指導は多くの好評を得ています。

⑧今後どんな塾講師になりたいと思いますか?

「授業は厳しく、コミュニケーションは楽しく」メリハリのある授業ができる講師になりたいと思います。

 

⑨今後アップステーションをどんな塾にしていきたいと思いますか?

「入ってくれたら成績が上がる」「勉強に対する考え方を変えられる」そんな塾にしていきたいと思います。勉強を「好きになる」とまではいかなくても「苦手意識を無くす」ことはできるんじゃないかなと思います。

 

⑩好きな言葉・座右の銘は何ですか?

「苦労の王様・苦労の博士になりなさい」です。韓国の名言だったような…

(どんな意味?)

若いうちには苦い経験や辛い経験をできるだけたくさんした方が成長できるという意味です。人生の辛い部分をとことん経験しなさいと…なかなか過酷ですが(笑)

 

⑪趣味・今はまっていることを教えてください。

かわいい動物の動画を見ることです(笑)ほっこり癒されますよ~♪

 

⑫山崎先生にとってアップステーションとはどんな場所ですか?

「学びの場」だと思います。色々な子どもたちと接する中で、自分自身が学べることもたくさんあるなと実感します。

 

⑬最後にスタッフの皆さんへメッセージをお願いします!

「楽しんでもらいたい」と思います。もちろん全てがうまくいくことはありませんが、どんな出来事にも必ず意味があると思います。私たちが楽しんでいないと絶対生徒もつまらないと思うので、そこはこれからも意識していきたいと思います。

 

山崎先生、ご協力どうもありがとうございました!これからも一緒にアップステーションを盛り上げていきましょう!

 

アップステーションのホームページはこちら