戸田・川口元郷・蓮田・白岡で個別指導塾をお探しならUP-STATION(アップステーション)へ。小学生・中学生・高校生対象。地域密着で評判が良い学習塾です。

教材紹介

教材紹介

「20点アップ」を実現させるアップステーションの教材を紹介します。


Keyワーク

アップステーションで使用しているメイン教材です。教科書に準拠した内容になっており、日々の先取り授業や定期テスト前の復習に効果を発揮します。1回の授業で「4ページ」(2単元分)程のペースで進めています。

 

◆徹底ドリル

数学の副教材で、演習問題が豊富に収録されています。小学校の時に使っていた「計算ドリル」の中学生版のようなイメージです。主に宿題で出していきます。

 

◆教科書ノート&単語テスト

英語の副教材で、アップステーションが作成しているオリジナルの教材です。「教科書本文と和訳」・「新出単語」を全単元分用意しています。授業中はこれを使って本文の音読と暗唱を行い、毎授業の最初で単語テストを実施しています。使用したプリントは「アップファイル」の中に保管しますので失くす心配はありません。

 


◆攻略ブック&予想問題

テスト2週間前には、「あなた」の通う中学校のテストの過去問を収録した「攻略ブック」を配布します。また、土日12時間特訓では塾長が作成した「予想問題」を一斉に解き、その後解説授業も行います。地元の中学校のテストを知り尽くしたアップステーションだからできる、まさにテスト前の「バイブル」です。

 

◆オリジナルテキスト「BRIDGE

夏期講習・冬期講習では、中3生は受験対策に特化したオリジナルテキストBRIDGE(ブリッジ)を使用します。塾長たちが手作りで何十時間もかけ、最新の入試傾向に合わせ改訂を行っているのが最大の特長です。毎年入試本番の問題との的中を連発しているこのテキストが、文字通りあなたと第一志望校をつなぐ「懸け橋」となってくれます。

 

 

 

 

GW特別課題&夏冬特別課題

GW、夏休み、冬休みと、学校が休みになりつい気が緩みがちになってしまう時もしっかりと課題を与え、勉強のリズムを途切れさせないようにしています。

 

 

 

Keyテスト(確認テスト)

授業の最後10分間はその日の指導内容の理解度を確認する小テストを行います。合格点を「90%以上」と定めており、普段からの「テスト慣れ」という役割も担っています。合格点に満たなかった場合は時間外指導(居残り)で合格になるまで繰り返し行います。「時間がきたら終わり」ではなく「できるようになるまで」が1回の授業です。

 

◆宿題カレンダー

宿題は毎授業の最後に担当講師が「日割り」で出しています。多くの塾では宿題を1週間分まとめて出していますが、それだと「溜め込んでしまう」「ギリギリになるまでやらない」が発生してしまいます。しかし日割りで毎日やれば前回教わった内容を忘れることなく、記憶の鮮度を保ったまま次回の授業に臨めます。

「勉強のやり方が分からない」「学校からは宿題が出ないので何をすればいいのか分からない」という場合はまずこの宿題カレンダーに沿ってやってみてください。

◆ピラミッド

小学生のメイン教材です。国語・算数・理科・社会の4教科を取り揃えており、学校の教科書レベル~やや難しい問題という内容で構成されています。このテキストのレベルに普段から慣れていけばカラーテストで100点満点も夢ではありません。

授業の最後には付属の小テスト(チェックノート)を行います。小学生にも「90%以上で合格」「不合格の場合は居残り」のノルマを課しています。

◆検定対策用問題集

アップステーションは英検・漢検・数検の準会場に登録されています塾生ではない方も受検いただくことができます。検定に向けた対策もご相談の上行っており、各種問題集を取り揃えています。

※必要に応じて別途過去問等のご購入をお願いしております。

 

 

◆教科書ガイド

主に内申を上げるため高校1年生・2年生が使用する市販の教材です。定期テストの対策に効果を発揮します。もちろん、学校で使っている教材をそのまま使用することも可能です。

 

 

 


◆リード問題集

主に大学受験(一般受験)の対策として使用する教材です。高1・2年の内容の総復習をするのに役立ちます。

 


◆センター過去問等

センター試験の過去問や各大学の過去問を取り揃えています。高校生は学校によって進度やカリキュラムがバラバラなため、お子様の状況に合わせて使う教材も異なります。必要に応じて上記以外の市販の教材を購入いただく場合もございますので、ご相談ください。

 

◆タイムリミット指導&
スモールステップ指導

毎回の授業の最初に担当講師がその日の目標を明確にします。最初にゴール地点を見せておくことで集中を切らさず授業に臨めます。また、演習の際は全ブースに設置してあるタイマーを使って制限時間を設け、普段から「テスト慣れ」に努めています。

PAGETOP