戸田・川口元郷・蓮田・白岡で個別指導塾をお探しならUP-STATION(アップステーション)へ。小学生・中学生・高校生対象。地域密着で評判が良い学習塾です。

アップステーションの理念

アップステーションの理念~なぜ1:2の個別指導なのか~

なぜ「1:2個別指導」を行っているのか…それは、成績を最も効率よく上げるには1:1でも1:3でもない、「1:2」こそが理想の指導形態だからです。

■「集団」と「個別」の違い

集団指導では成績上位者から下位の者まで同じ指導をすることになります。ターゲットは平均点です。すると、成績上位の生徒には「無駄」が、成績下位の生徒には「無理」が生じることになります。たとえ成績別クラス編成をしたとしてもこの弊害から完全に逃れることはできません。

成績上位の子は学校授業で一度学べばその内容を理解します。あらためて塾で説明を受けるのは「無駄」になります。結果的に授業をつまらなく感じ、勉強に対する意欲も低下します。これでは塾を利用する意義すら失ってしまいます。

一方、成績不振の子にとって学校授業でも理解できないことを塾での短い時間の説明で理解しろというのは「無理」な話です。なぜなら理解できない根本的な原因は、今の学習内容にあるのではなく過去に習った内容の理解不足にあるからです。基本が分かっていないのにいくら繰り返し「今の学習内容」を説明されても理解できるようにはなりません。結局、分からないまま時間を消費してしまいます。

集団指導では宿題も共通して出されます。成績不振の子にとっては解けない問題が多く出されます。解けないから白紙のまま次の授業に出席することになります。すると…「宿題をやっていないじゃないか」と叱られてしまいます。こんな理不尽なことはありません。当然塾が嫌になり、勉強がますます嫌になります。これでは本末転倒です。

塾は、できる子にはより高度な内容を、できない子には基礎からじっくりと…つまり、全ての子どもに「成長」を実感させる場でなければなりません。そして、それを実現できるのは個別指導しかないと私達は断言します。

■「個別」と「1:2」の違い

現在個別指導は一大ブームとなっており、それまで集団指導のみを行っていた塾の中に「個別指導コース」を併設するところも急増しました。しかし「個別」を掲げながら実際は1:3や1:5の指導を行っているところが少なくありません。

「1:3」、つまり講師1人に生徒が3人以上になるとどうしても演習時間(問題を解く時間)の割合が増え、自習をしているのと変わらなくなってしまいます。「何もしない時間」「講師が来るのを待っている時間」、つまり「無駄」が生じてしまうのです。

しかし1:2は違います。1:2の最大のメリットは指導と演習が交互に繰り返され、「何もしない時間」を決して与えないことです。

例えば「あなた」がテニス部にいてサーブの練習をしているとします。どうすれば最も効率良く打ち方を習得できるかを考えてみてください。もちろん、まずは顧問の先生や先輩から指導を受ける必要があります。しかしそれだけではうまく打てるようになりません。やはり自分でやってみることが大切です。かと言ってそればかりになると今度は変なクセや間違ったフォームが身に付いてしまう可能性があります。

結論、最も効果的なのが「指導」と「演習」を交互に繰り返すことです。打ち方を教わったらそれをもとに自分でやってみる。その後またアドバイスをもらい再度やってみる。更にアドバイスをもらい…このサイクルを繰り返すことによって、最初は見当違いの所に飛んでいたボールが徐々に相手のコートに入るようになります。

勉強も同じです。

成績を上げるために最も重要なのが右の図のように「指導」と「演習」を交互に繰り返すことです。そしてこれを実現できるのは1:2以外にはありません。中には「1:1(完全マンツーマン)の方がじっくり教わることができて良いんじゃないのか?」という考え方もあります。確かに1:1の方が指導時間は長く確保できるでしょう。しかしこれは同時に「講師への依存」という危険性も含んでいることを忘れてはいけません。最も良くないのが「学校の授業を聞いていなくても塾で教えてくれるからいいや」と、塾に通うようになってから妙な安心感を覚え授業態度が悪くなってしまうことです。

指導と演習が交互に繰り返され、「何もしない時間」を与えない1:2の授業を是非体験してみてください。きっと、80分の授業時間があっという間に感じられるはずです。

■「1:2」の最大の弱点

そんな「1:2」にも実は決定的な弱点があります。それは、5科目の対策がしづらいということです。講師人件費の関係上どうしても授業料が高くなり、1:2で5科目受講というのはあまり現実的ではありません。現にアップステーションでも8割以上の生徒は「数学・英語」の2科目受講をしています。

確かに数・英は主要科目であることは事実です。しかし入試では全科目の成績が見られます。数・英だけが良ければ合格できるということではありません。極端な話、「数・英で90点が取れたけど国・理・社が30点だった」という太郎君と、「90点を超えた科目は無かったけど5科目満遍なく60点を取れた」という次郎君では、次郎君の方が合格の可能性は高まります。合計点が高いからです。もちろん得意科目を持つことはとても大事なことですが、それだけに固執してしまうと他の科目の勉強がおろそかになってしまいがちです。

「テスト勉強はとりあえず得意な英語から始めて苦手な理科は後回しにしよう」「気付いたら好きな漢字ばかりに時間を割いていて他の科目の勉強が十分できなかった」…このような経験はありませんか?いくら好きだからといってケーキやお菓子ばかり食べていたら体を悪くしてしまうのと同様に、勉強も苦手な科目をいかになくせるか、いかにバランスよく5科目全体の底上げをしていけるかが大切です。

この現状を踏まえ、アップステーションでは2018年度より「5科目対応できる塾」へと進化を遂げました。数学と英語だけでなく、国語・理科・社会も授業料の値上がりは最小限に抑えて受講できるシステムを構築しました。それが「演習特訓コース」(中学生対象)と「マスターコース」(高校生対象)という2つの新コースです。今年度、アップステーションが新しく提供する「全科目の成績アップ」にご期待ください。

 

まとめ

◆1:2は集団指導で生まれる「無駄」と「無理」をなくすことができる

◆1:2は指導と演習を交互に繰り返せるので学習効果が最も⾼い

◆1︓2は5科目の対策がしづらいのが弱点だが、2018年度新しく開設した「演習特訓コース」「マスターコース」により実現可能に︕

PAGETOP