戸田・川口元郷・蓮田・白岡で個別指導塾をお探しならUP-STATION(アップステーション)へ。小学生・中学生・高校生対象。地域密着で評判が良い学習塾です。

講師紹介

講師紹介

「どんな人が教えているのか」は大きな関心事です。ここでは各教室で日々活躍する講師たちをご紹介します。一途な講師が「あなた」を待っています。

講師研修への強いこだわり~個別指導塾の裏側と現実~

 個別指導塾のデメリットの1つに、「講師間格差」と呼ばれるものが挙げられます。1人の講師が教えられる人数が限られているため頭数が多くなり、その結果「教育が行き届いている講師」と「好き勝手に振る舞う講師」、「意識が高い講師」と「その日の気分で左右される講師」といった格差が生まれることです。こういう講師は最初はやる気に満ちていたとしても、1ヵ月、数ヶ月、半年と経つにつれ仕事にも慣れ、手の抜きどころも分かってきます。それもそのはず。プロ講師を雇っているならまだしも、個別塾の多くは人件費を抑えるため正社員ではなくアルバイト講師(主に大学生)を雇用しているからです。

 最もよくないのは、塾側が講師を採用する際に明確な基準は設けていないことです。「君は◯◯大学の理系の学部にいるんだね?じゃあ数学の指導はお手の物だ。明日からうちの生徒の□□君の数学を頼むよ」といった形だけの面接だけを済ませ、翌日からいきなり現場で授業を持たせるというケースも珍しくありません。これでは格差が生まれてしまうのも当然です。「生徒一人ひとりに合わせた指導」と謳う塾はあっても、「行き当たりばったりで講師任せ」と謳う塾はありません。「アットホームな雰囲気」と謳う塾はあっても、「生徒と講師が馴れ合いのお友達になっている」と謳う塾はありません。

 しかし、私たちは違います。

 アップステーションでは採用までに4段階の選考(筆記試験・面接・模擬授業・論文)を設けており、これに合格した人材だけを採用しています。正直に申し上げますと、アップステーションにも大学生の講師は在籍しています。ですが、たとえその講師が大学生だろうと正社員だろうと、生徒・保護者様にとっては全くもって関係のないことです。どの講師も「我が子を教えてくれる世界で唯一の先生」であることに変わりありません。たとえ本業が学生であっても「自分が提供する授業に対してお金を頂いている」という意味では、やっていることはプロ講師と全く同じです。

 私たちが講師研修の際に最も強く伝えているのはこの部分です。どれだけ「生徒・保護者目線」に立てるか・勤務中はどれだけ「学生」であることを忘れプロとして行動できるか。この意識が弱い講師には辞退してもらっています。そして採用後も決して気を緩めることなく、授業後は毎日講師ミーティングを行い、情報共有や模擬授業を実施しています。意識と技術は研鑽し続けなければ、やがて底をつき錆びてしまうからです。学生を相手にやり過ぎと思われるかもしれませんが、しかし現場に立つ講師の研修はどれだけしてもし過ぎることはありません。中途半端な気持ちでは決して成績アップを果たすことはできないと、私達は考えます。

 「良い塾」の絶対的な定義は存在しません。しかししいて言うならば、それは「講師研修が行き届いている塾」だと思います。塾の現場は人対人で成り立ちます。デジタル全盛の現代社会において極めてアナログな仕事です。子どもたちはロボットから教わるのではなく、講師という生身の人間から教わります。その講師の育成をおろそかにしてどうして成績アップが果たされるのでしょう。これは個別であっても集団であっても変わらない事実です。私達は講師育成の重要性を決して忘れることなく、これからも「結果を出せる講師」の育成を続けていきます。

PAGETOP