戸田・川口元郷・蓮田・白岡で個別指導塾をお探しならUP-STATION(アップステーション)へ。小学生・中学生・高校生対象。地域密着で評判が良い学習塾です。

責任者紹介~塾の仕事を始めたきっかけ~

責任者紹介~塾の仕事を始めたきっかけ~

プロフィール
■昭和61年12月27日 東京都武蔵野市生まれ
■小4~高2までの約7年間を南米のペルーで過ごす。中学校までは日本人学校に通い、高校からはペルーの現地校へ進学
■帰国後は埼玉大学教養学部に入学。中学・高校教員免許(英語)を取得
■学生時代アップステーションの講師に応募し、戸田公園校講師として配属
■講師経験を経て戸田公園校塾長に就任
■現在は統括責任者として主にスタッフ研修・イベントの企画・広報等に従事
■趣味:ギター・バスケットボール・サッカー・文を書くこと・読書

 

ペルー共和国(首都・リマ)
インカの遺跡やナスカの地上絵等、世界遺産で有名な国です。

・日本からの距離およそ15,000km(飛行機で20時間)
・日本との時差およそ14時間

 

■ペルーの現地校で実感した「勉強の持つ力」

 私は小中高の青春時代を、地球の裏側にある「ペルー」という国で過ごしました。小中学校時代は日本人学校に通い、高校からは現地校に進学しました。全校生徒2000人のうち日本人はただ一人という「完全アウェー」な環境でしたがそこである大事なことを学びました。それは、勉強には人生を切り開く力があるということです。

 ペルーの母国語はスペイン語です。中学3年生当時、私は現地校への進学に備えスペイン語の勉強をしていました。自分なりにある程度話せるようになったつもりでいましたが、進学してから間もなく言葉の壁に直面しました。授業の内容は全く分からず、教えてもらいたくてもどうやって助けを求めれば良いか分からず、友達もできない孤独な日々が続きました。

しかしそんな私を救ってくれたのが「勉強」でした。特に効果があったのは数学です。言葉は違えど「数字」は万国共通です。私はそれまで数学が大の苦手でしたが、この状況を打開するのはこれしかない!という思いで数学の勉強に打ち込んだのです。すると次第に周りの見る目が変わり、テスト前には「教えてくれ」と自分を頼りにしてくれる子も出てくるようになりました。その時、何とも言えない嬉しさと安堵感がこみ上げてきたのを覚えています。まさに勉強によって生活が変わったのを実感した瞬間でした。これがきっかけとなり少しずつ学校への足取りも軽くなり、現地校で過ごした2年間は私にとって何事にも替え難い大きな財産となりました。

■塾の役目は子どもたちの生活を豊かにすること

 今、学校への足取りが重く、「いつ指されるんだろう…」とビクビクしながら授業を受け、成績不振に悩んでいる子たちは決して少なくありません。私はそういった子たちの「パートナー」になりたいと志願し、塾の仕事を始めました。というのも、自分自身がそうだったように悩める子どもたちを救える唯一の手段は「勉強」だと考えるからです。

事実、不登校や登校拒否の原因のほとんどは「成績不振」です。「授業で何を言っているのかが分からない。だから学校に行きたくない」そんな状態で1日6時間も授業を受けているのは苦痛で仕方ありません。しかし、予め授業内容を理解してから参加することができれば、自分から積極的に挙手ができるようになれば、そしてテストの点数が前回よりも上がったら…それは学校生活をガラリと変える原動力になります。

私は、塾の役目は勉強を教えることだけではないと考えます。勉強を通して成績を上げ、自信を与え、豊かな学校生活を送れるように導いてあげること・・・これこそが塾の役目だと考えます。

だからこそアップステーションでは最初の面談時に必ず「塾に通うだけでは残念ながら成績は上がらないよ。一番頑張らなきゃいけないのは自分自身だよ」という話をしています。私達は魔法使いでもなければ頭が良くなる薬を売っているわけでもありません。毎回の授業を真剣に受け、宿題を溜め込まずにこなし、確認テストや居残りも最後まで諦めずに頑張る…これらをコツコツと地道に積み上げていった先に初めて成績アップが見えてきます。決して楽な道のりではありませんが、苦労の果てに掴んだ結果はその後の人生の大きな財産になることを私は信じてやみません。

そして保護者の皆様には、どうか塾に通わせることの「安心」ではなく、成績が上がることで得られる本当の「安心」を実感して頂きたいと思っています。

この考えを忘れることなく、そしてこれを実現できるよう私たちは今日も生徒一人ひとりと向き合い、結果に繋がる授業を行っています。

PAGETOP