2019年、平成最後の年が明けてから早くも1ヵ月が過ぎようとしているこの時期…

ありがたいことに「来年度から塾をどうしようか」と考えている方からのお問合せを頂く機会が増えてきました。

同時に、「これだけたくさん塾があってどこにすれば良いか分からない」という声もたくさん聞くようになりました。

そこで今回はこの時期タイムリーな「塾の選び方~塾に入る前に本人と話してもらいたいこと~」というテーマでお届けします。塾選びは学校生活を大きく左右する大事な決断です。ぜひ参考にしてください!

 

塾は「上がる場所」ではなく「上げる場所」

一番頑張らなきゃいけないのは自分自身!

さて、塾選びを始める前にそもそも「塾」とは一体どんな場所なのかを考えてみたいと思います。

答えはズバリ、「成績を上げる場所」です。「上がる」のではなく「上げる」場所なのです。

 

誤解を恐れずに言うと、塾に入っただけで自動的に成績が上がることは残念ながらありません。

これは集団・個別・映像・さらには家庭教師も含めどんなタイプの塾を選んでも、また、どんなに腕の良い講師から教わったとしても共通して言えることです。

なぜなら、テストを受けるのは、問題を解くのは、宿題をこなすのは、紛れもなく「自分」だからです。

塾長や講師が替え玉をするわけにはいきませんし、私たち塾の人間は魔法使いでもなければ頭が良くなる薬を作っている科学者でもありません。

どんな塾を選んだとしても一番頑張らなきゃいけないのは「自分」であり、塾はその手助けをすることしかできないのです。試合に出て点を取る「選手」に対し、塾は裏方に回り陰から支える「トレーナー」です。

 

意外と共通点の多い「塾」と「ジム」

スポーツジムを思い浮かべてください。

ジムに入会しただけで筋力がアップすることはありません。トレーナーのもと正しいやり方でトレーニングをし続けることで初めて筋力は向上します。

重いダンベルを持ち上げたりランニングマシンで汗を流したり…それは辛く険しい道のりかもしれません。しかしその過程を踏まなければ望む結果に辿り着くことはできないのです。

楽をして成果を出すことをドーピング、勉強の世界ではそれをカンニングと呼びます。

 

塾も同じです。

塾に入っただけで成績が上がることはありません。

しかし、塾長や講師の指導のもと集中して授業に臨み、出された宿題をちゃんとこなし、それをめげずにやり続ければ…必ず成績を上げることができます。

 

「塾に入っただけで安心」ではなく、一番頑張らなきゃいけないのは自分自身だということをまず本人に知ってもらいたいと思います。

 

勉強は辛いことの連続ですが…

それを乗り越えた人は必ず成績アップを果たせます!

ところで、人間にはもともと色々な能力が備わっています。

能力とは走力、腕力、握力、持久力、集中力、歌唱力…のように「◯◯力」という言葉で表される力の総称です。

実はこれらの能力にはある共通点があります。それは、「負荷をかけることで伸ばすことができる」ということです。

言い換えると「負荷をかけなければ伸ばせない」のです。

学力という能力にも同じことが言えます。

そう考えると、塾選びで一番大事なのは「どの塾にするか」ではなく「成績を上げられるんだったら負荷に耐えることなんてヘッチャラだ!」という強い意志なのではないでしょうか。

この意志さえ備わっていれば「今が何点か」は全く関係ありません。大事なのは今の点数ではなく「これからどうやって上げていけるか」だからです。あとはその子の性格や現在の状況に応じて集団にするか・個別にするかを考えるだけです。

逆にまだこの意志が十分ではない場合、せっかく決めた塾でも思うような成果を出すことは難しくなります。

「意志」とは別の言葉で言うと「必要性」です。塾選びの前に、まずは塾に通う必要性をどれだけ感じているのかを本人と話してみてはいかがでしょうか。

そこで!

このようなチェックリストを作りました。ぜひ、現時点で本人が感じている「必要性」を測る上で役立ててください。

 

 

「塾の必要性」チェックリスト

①今の自分の成績を「何とかしたい」と思っている。 YES ・ NO

②自分の最も苦手な科目が何かを分かっている。 YES ・ NO

③その科目が前回のテストで何点だったか覚えている。 YES ・ NO

④その科目で次回何点取りたいか目標を持っている。 YES ・ NO

⑤自分の力だけで勉強をすることに限界を感じている。 YES ・ NO

⑥一番頑張らなきゃいけないのは自分自身だと思う。 YES ・ NO

⑦成績を上げるためならキツい勉強にも耐えられる。 YES ・ NO

⑧やる気はあるが「何をしたらいいか」が分からない。 YES ・ NO

⑨授業中や勉強中はお喋りや居眠り等せず集中できる。 YES ・ NO

⑩学校のワークや宿題はちゃんと終えられている。 YES ・ NO

 

そうだと思うものには「YES」、当てはまらない場合は「NO」を付け、合計で7つ以上「YES」が付いたら塾に通うのに適したタイミングだと言えます。

逆にYESが6つ以下だった場合はまだ塾に通う時期ではないのかもしれません。

あくまでも1つの目安ですので、「今このタイミングで塾に通うべきなのかどうか…」と少しでも不安がある場合は一度ご相談ください。

塾に入る・入らないは別にして、アップステーションでは「通塾の必要性があるか」「その場合どんなタイプの塾に通った方が良いか」「今後どんな勉強のやり方が適しているか」といったご相談にも対応しています。

今はネットやスマホを見れば色んな人の体験談や口コミ情報は得られますが、やはり直接面と向かって話し合うことに勝る手段はありません。一人で考え込むよりも専門家の意見を参考にした方が解決の可能性が高まります。

お問合せの際はどうぞお気軽にご連絡ください!

 

ご家庭でやってもらいたいこと

最後に、塾に通う上でご家庭でぜひやってもらいたいことがあります。

それは「関心を持ってあげること」です。

小学生のうちはまだしも、中学生以上になると勉強の難度がグッと上がり「お母さんが・お父さんが教えてあげる」のも次第に難しくなってきます。本人も「どうせ親に聞いたって分からないだろう」という気持ちを持つようになります(それが反抗期の第一歩とも言われています)。

しかし、どんなに勉強内容が難しくなったとしても「関心」を持つことはできると思います。「関心」といっても難しいことではありません。

 

 「今数学ではどんなこと勉強してるの?」

 「最近覚えた英単語ってどんなやつ?」

 「この前社会のワークすごい頑張ってたね?」

 

こういった声かけをするだけで十分です。コツは最後を「?」で終わらせることです。

というのも、子どもにとって周りの大人が自分のことを見てくれている・気にかけてくれているという事実はとても大きな安心感を与えるからです。

もしかしたらブスッとした表情のまま無言の反応が返ってくるかもしれません。しかし表には出さなくとも心の中では承認欲求(誰かに認められたいという人間が本能として持っている欲求)を感じているはずです。

これまでの経験上、そうやって保護者の方から関心を寄せられている生徒はそうでない生徒と比べて結果を出しやすい傾向があるように思えます。

あまり関心を寄せられていない子の場合、親を振り向かせるためにはテストで良い点を取るしかないと考えます。しかしその気持ちが不用なプレッシャーや焦りを生み悪循環に陥ってしまう…ということが往々にしてあります。

しかし日頃から関心を寄せられている子はそれだけで安心感に包まれていますから、必要以上に結果を恐れることなくのびのびと机に向かうことができる…そんな相関関係があるように思えてなりません。

何も勉強に限ったことではなく、

 

 「今はまってるゲームって何?」

 「最近学校でどんな話で盛り上がってるの?」

 「今度の土日は練習試合だよね?」

 

これも関心の一種です。大人からすれば子どもが夢中になっているゲームなんて「こんなの一体どこがおもしろいんだか…」というのが本音です。

ですが自分が好きなものに大人が興味を持ってくれている…本人にとってそれは大きな承認になります。

私も子どもの頃、某バスケ漫画を夢中になって読んでいたのを親が「そんなにおもしろいの?ちょっと読ませてよ」と言ってきた時は不思議と嬉しい気持ちになったのを覚えています。

ぜひ、勉強でも勉強以外のことでも「関心」を持ってあげてください。それもまた、塾をサボらずに続けられる要因、ひいては成績を上げられる秘訣の1つなのだと思います。 

 

関心を寄せる…私たちもとても大事にしていることです

塾にいる時間というのは一週間のうち本当にごくわずかな時間しかありません。

塾にいない時、自宅でどれだけ宿題をこなせるかが成績アップには欠かせません。

もちろん勉強の習慣付けをさせるのも塾の仕事ではありますが、私たちは今年も生徒本人と保護者との「三人四脚」の関係を大事にしながら指導にあたっていきたいと思います。お子様の将来を一緒に支えていきましょう。

 

この記事が悔いのない塾選びの参考になることを願っています。

 

まとめ

①塾は「上がる場所」ではなく「上げる場所」

②どの塾を選んだとしても一番大事なのは本人の意志

③ご家庭でできることは「関心」を持ってあげること