5月6日(土)、GW明け初日のこの日、アップステーションでは各教室で「GW明け課題テスト」が開催されました!

 

GWだからといって「羽を伸ばし過ぎない

せっかくこの春で身に付いた勉強の習慣を「途絶えさせない」

 

という目的で、毎年GWの間も英語と数学の特別課題を出しています。

今年もあまりの嬉しさに(?)生徒からは悲鳴があがりましたが、連休中もしっかり勉強してもらいました!

そのチェックと成果を試すのがこのGW明け課題テストです。範囲は課題の中から出されており、いずれも今度の中間テストの内容に即したものとなっています。

 

このテストのもう1つ重要な意味合いは、「競争意識を持たせる」ことにあります。

個別指導塾の弱点の1つとして挙げられるのが、「競争意識や緊張感が芽生えにくい」ことです。

もちろん周りと比較されず自分のペースで学習できるというところが良さでもありますが、実際のテストや入試においてはシビアな競争を勝ち抜いていかなくてはなりません。

緊張するからといって自分だけ別室で受験できるなんていう優遇措置はありません。

やはり個別指導塾であっても、テスト本番のような「一斉に問題を解く場」「緊張感を持ってテストに臨む場」を設けることはとても大切なことだと考えます。

こうやって「テスト慣れ」していくことで本番でも普段通りの実力を発揮することができるようになるのだと思います。

 

課題テスト当日は皆連休明けとは思えないほどとても集中して問題に臨んでいました!

その様子を是非ご覧ください。

 

 教室を埋め尽くす「静寂」と「緊張感」…

カチッ…コチッ…カチッ…

カリカリカリ…

聞こえるのは時計の針とペンを走らせる音のみです…

 

さて、皆の出来栄えを見てみると…

とてもよく頑張りましたね!

ですが、

合格点は100点満点です。

例え95点取れたとしても、「できなかったその1問がテストに出たらどうする?」と問いかけてできるまで何度も何度も再テストを命じます。厳しいようですが、妥協の無い努力の積み重ねで初めて成績は上がります。

そんな中、

100点第一号の生徒が!うーむ素晴らしい…努力が実を結んだ瞬間です。おめでとう!!

 

こうして成功体験を積みながら、アップステーションではテスト本番に臨んでいきます。

もちろんこれらは全て普段のお月謝の中に含まれていますので追加料金は一切いただきません。

この勢いのまま、今週末はテスト対策のメインイベントとなる「土日12時間特訓」が開催されます!その模様は次回のブログでお伝えしようと思います。

 

最後の最後の最後まで、粘れ!