戸田・川口元郷・蓮田・白岡で個別指導塾をお探しならUP-STATION(アップステーション)へ。小学生・中学生・高校生対象。地域密着で評判が良い学習塾です。

新大学入試の全容

  • HOME »
  • 新大学入試の全容

まるわかり!新大学入試制度

2020年、高校教育と大学教育が大きく変わり「大学入試制度」も大きな変更があり、いままでとは全く違うものになります!
ここでは、その2020年問題について注意するべきことをわかりやすくお伝え致します!

新大学入試の全容vol.1 ~2020年度問題って何?~

そのもの2020年度問題とは一体どのようなものなのでしょうか?この問題は今(2017年度)の中3生だけの問題でなく、今の高1・中3・中2・中1・小6・小5にも大きな影響を及ぼします。

新大学入試の全容vol.2 ~学力の3要素~

文部科学省がこれからの時代に必要な学力を「学力の3要素」と名付け、打ち出しました。その3つの要素について詳しくお伝えします。

新大学入試の全容vol.3 ~センター試験の後継「共通テスト」~

従来のセンター試験は主に「知識・技能」を測るものであったのに対し、共通テストではその次の段階「思考力・判断力・表現力」まで測るテストになります。では、「思考力・判断力・表現力」を測るためにどのような問題が増えるのでしょうか。

新大学入試の全容vol.4 ~国語と数学の共通テスト~

共通テストは、従来のセンター試験と比べ「難化」の傾向をたどるのは間違いありません。記述問題の導入もそうですが、加えてマークシート問題も難易度が上がります。では、どのように難易度が上がっていくのでしょうか。

新大学入試の全容vol.5 ~英語の共通テスト~

2024年度以降の「本格実施」より英語は共通テストから姿を消すことが発表されています。なぜなら英語の技能を共通テストという枠組みの中で測るのはもう無理だという判断が下ったためです。詳しく見ていきましょう。

新大学入試の全容vol.6 ~一般入試で出題される思考力問題~

2020年度から始まる新大学入試制度に先駆けて、すでに多くの大学の独自試験(一般入試)では思考力問題が出題されています。それらの問題にはどんな傾向があり、またどんな対策をしていけば良いのか、過去実際に出された入試問題を交えてお伝えしていきます。

新大学入試の全容vol.7 ~思考力問題の共通点と対策~

思考力問題には3つの共通点があります。そしてどんな結論を出したかよりもどうやってその結論に至ったかが見られるのも大きなポイントです。

新大学入試の全容vol.8 ~推薦入試・AO入試はどうなるの?~

これまでは主に独自試験(一般入試)について触れてきましたが、大学への入学方法は一般入試だけではありません。ここでは、2020年度以降の「推薦入試」「AO入試」について見ていきましょう。

新大学入試の全容vol.9 ~これからの高校3年間の過ごし方~

前回までの8回の連載で2017年7月までに発表のあった情報を一通り解説しました。ここではそれらを踏まえて、今後高校生活はどのように変わっていくのか、また、小中学校にはどんな変化が起きるのかを見ていきましょう。

アクティブラーニングとは

昨今教育に関するニュースの中で大きな話題となっているのが、2020年度から順次全国の小中高校で実行される新学習指導要領です。中でもその柱となる「アクティブラーニング」の導入に関しては既に色々なところで議論がなされ、多くの関心が寄せられています。

新大学入試制度とアップステーションの対策~前編~

2020年度より、センター試験が廃止され新しいテストが導入されます。それが「大学入学共通テスト(仮称)」です。
1989年から続いたセンター試験の30年の歴史が幕を閉じ、2021年1月から、この「大学入学共通テスト」が実施されます。
新しい制度がどのようなものなのかをお伝え致します。

新大学入試制度とアップステーションの対策~後編~

前編では「新大学入試」のサンプル問題を交えてその詳細と傾向について紹介しました。後編では、「アップステーションがどのような対策をしているのか」をお伝え致します。

PAGETOP