戸田・川口元郷・蓮田・白岡で個別指導塾をお探しならUP-STATION(アップステーション)へ。小学生・中学生・高校生対象。地域密着で評判が良い学習塾です。

中3生の方へ

「今までの人生で一番勉強した夏休み」を実現!

受験学年である中3生は、この夏からいよいよ本格的な受験対策が始まります!アップステーションの夏期講習では3つの柱に沿って受験対策を進めていきます。

受験対策① 1・2年生の復習

入試本番で出される問題の70%を占めるのが1・2年の内容です。よく「受験勉強」と聞くと「何か特別な勉強をしなければいけない」と思われがちですが、決してそんなことはありません。

1・2年の復習をすること(今まで習ったことを思い出すこと)こそが、最も重要な受験勉強なのです。

 

 

 

 

受験対策② 1点の重みを知る

志望校合格を果たすには、知識やテクニックだけでなく受験に臨む上で必要な「意識」を身に付けることが⽋かせません。この表のように、わずか1点の差で合否が分かれるのが高校受験です。

もしかしたらこの1点は「+-の付け忘れ」「大文字・小文字のミス」といった些細なものだったのかもしれません。もしそんなもったいないミスで落ちてしまったらどう思うか…。このような客観的なデータをもとに今のうちから危機感を身に付けておくことも大事な受験勉強の一つです。

受験対策③ 5教科全体の底上げ

高校受験で問われるのは5科目全体の「総合力」です。90点を取れる科目が1つあるよりも満遍なく60点を取れる方が受験では有利に働きます。

もちろん得意科目を伸ばすことは大切なことですが、この夏やるべきことは「苦手をなくすこと」です。

テストの上限は100点と決まっている以上、90点取れる科目はどんなに頑張ってもあと10点しか伸びしろがありません。しかし今40点しか取れていない科目は、見方を変えればあと60点も伸ばせるということです。

ところで、毎年多くの受験生が苦⼿としている科目に「理科・社会」(以下「理社」)が挙げられます。というのも、理社に関しては国数英に比べ普段から勉強する機会が乏しく、多くの場合「学校のワークを解く」「テスト直前で一気に用語を覚える」程度しか触れることのない科目だからです。学校の定期テストであれば範囲が限定されているので直前の対策で何とかなるかもしれません。しかし入試では3年間全範囲から出題されるため、付け焼き刃的な対策では太刀打ちできません。

そのため、アップステーションでは毎年夏期講習の中で「理社2年分丸ごと復習講座」を開講し、5教科全体の底上げを行っています!今年も開講が決まりましたので、この夏で理社の苦⼿意識をなくしていきましょう!

☆730日間をギュッと凝縮!理社2年分丸ごと復習講座

「理社2年分丸ごと復習講座」は、クラス授業形式で1年1学期〜3年1学期までの全単元、日数にして730日間分を総復習する夏期限定の特別講座です(全46コマ)。毎年90%以上の受講率を誇る、まさに志望校合格への登⻯⾨とも呼べる超重要講座です。

国数英は個別で、理社はクラスで、本格的な受験勉強への第一歩を踏み出しましょう!

 

PAGETOP